「 山川穂高 」 一覧

埼玉西武・山川穂高選手と千葉ロッテ・井上晴哉選手、体重以外でも互角の勝負

 埼玉西武のドラフト2位ルーキー・山川穂高選手は、体重が107kgのおかわり2世として注目されるが、打球スピードの計測を行い、松井秀喜選手、バリーボンズ選手を超える163km/hを記録した。また千葉ロッテのドラフト5位・井上晴哉選手も162km/hを記録していた。 続きを読む

ドラフト2位選手に明暗!阪神・横田慎太郎選手に賞賛、埼玉西武・山川穂高選手はリタイア、広島・九里亜蓮投手は大凶

 新人合同自主トレが各球団で行われているが、各球団のドラフト2位指名選手に早くも明暗が分かれた!?阪神のドラフト2位・横田慎太郎投手が打撃練習を行い、視察した掛布打撃コーディネーターは、「ビックリした」と絶賛した。埼玉西武の108kgスラッガー・山川穂高選手は第1クール最終日のこの日に両足に張りを訴え、インターバル走を回避して別メニュー調整となった。また、広島九里亜蓮投手は初詣で大凶を引いた事を告白した。 続きを読む

千葉ロッテのドラフト1位・石川歩投手は1年目から勝負、埼玉西武・山川穂高選手は逆立ち披露

 昨年のドラフト会議で千葉ロッテ巨人が1位指名をして競合し、千葉ロッテが獲得をした石川歩投手、「若くはないので、1年で寮を出られるように頑張りたい」と1年目からの活躍を目標とした。埼玉西武のドラフト2位・山川穂高選手は108kgの体だが、逆立ちで静止してみせるなど、バランス感覚の良さを見せた。 続きを読む

2013年ドラフト総決算~物差し~

 2013年ドラフト総決算・第11章、大学生は大学野球選手権で、社会人は都市対抗野球で頂点に挑む。その想いの熱さは、甲子園を目指して戦った高校時代と全く変わっていない。優勝したからといってプロ野球に入れるというわけではない。しかし、ただ頂点を目指す。そしてその戦いで自分の力を見極めていく。
続きを読む

2013年ドラフト総決算~名乗り~

 2013年ドラフト会議、始まりは2007年にそれぞれの野球選手の誓いからスタートした。吉田一将小林誠司大瀬良大地松井裕樹などがドラフト1位へ進んでいく、6年間のストーリーの第4章。 続きを読む

  • プロフェッショナル・ビュー・ベースボール
  • おすすめ図書


     
     
PAGE TOP ↑